×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピー用のスキンケア

かゆみと炎症があるアトピー肌は辛いものですね。 アトピーの原因のひとつは皮膚のバリア機能の低下です。 バリア機能が正常になれば、アレルギー体質が残ったままでも、お肌に炎症のない健やかな状態に保ち続けること ができるようです。 肌のバリア機能に必要なものとは何でしょう。 それはセラミドです。バリア機能回復には、セラミドを補充すること。 そして、炎症を抑え、肌のターンオーバー(新陳代謝)を整えることが大切です。 洗浄力の強い洗剤の使用や、食生活の乱れや日焼け・乾燥やストレスなどによって皮脂やセラミドの量が減ること によって本来もっているお肌のバリア機能が、低下してしまいバリアを通り抜けて進入したアレルゲンによって かゆみや炎症が引き起こされるんです。 皮膚バリアが正常になることで、アトピーの原因の2つのうち1つが徐々に改善され、ステロイドなどの薬に頼らなく てもお肌を健康的に保つことができるようになります 手始めに、アトピー肌の人は、セラミドを配合した保湿力の高いスキンケア用品を選んではいかがでしょう。 また、肌の炎症を抑えるためには、エッセンシャルオイルを使うこともおすすめです。 順番としては、セラミド配合の化粧品を使うことにより、一時的にアレルゲンの進入や肌の乾燥は防げます。 それからエッセンシャルオイルを使うのがよいでしょう。 エッセンシャルオイルはハーブ店(アロマグッズを扱っているお店や、自然は化粧品を扱っているお店)に あります。エッセンシャルオイルは純度が高いと、肌に刺激になりますから、ワセリンやホホバオイルなどに 混ぜて使用するのが一般的です。お店の方に問い合わせれば、丁寧に配合や割合を教えてもらえます。 基本を教わり、自分の肌の調子をみて、多少の増減もしていくといいでしょう。 配合が難しいと思う人は、エッセンシャルオイルを最初から含んでいる化粧品もあります。 そういうものを探してみるのもいいでしょう。 アトピーの肌は往々にして黄色ブドウ球菌が繁殖しやすく炎症をおこし悪化する場合があります。 このようなケースでは殺菌を行うことで炎症を鎮めることができます。

アトピーの赤ちゃんの入浴

赤ちゃんの肌は柔らかくてデリケート。健康的なお肌だとしても刺激に弱いものです。 アトピー肌の赤ちゃんならなおさらのこと。 赤ちゃんは毎日場合によっては日に二度入浴します。 使用する石鹸ですが、高価なアトピー用石鹸というのがありますが無添加や無香料のものをおすすめします。 無添加石鹸でも、それほど高くないものもあります。探してみましょう。 薬用石鹸は、殺菌効果が高く、そのぶん、刺激があるので、肌に炎症をおこしているアトピー肌には向いていません。 石鹸を使う場合は、しっかり泡立てましょう。 赤ちゃん専用のスポンジや、タオルも発売されていますが手でそっとなでるように洗ってあげるのが、手軽で清潔だと思います。 毎日せっけんを使わねばと思い込まなくてもいいでしょう。 赤ちゃんのお肌がかさかさに乾燥しているときは、無理にセッケンを使わないほうがいいかもしれません。乾燥を増してしまうことがありますから。 お肌の状態をみて、決めてください。 また石鹸を使用する場合はしっかり泡立てましょう。 赤ちゃん専用のスポンジやタオルも発売されていますが、手でそっとなでるように洗ってあげるのが、手軽で 清潔だと思います。 赤ちゃんの肌にも石鹸の成分が残らないように、しっかりすすいでください。 できれば、お水をかけて皮膚を鍛えましょう。 冷水摩擦というほどでなくていいのです。皮膚に、高温・低温の刺激を与える程度でいいので、交互にかけると、 皮膚が鍛えられます。 また、お湯だけであがるよりも、お水をかけるほうが、肌が乾燥しにくいといわれています。 出た後は、濡れたタオルを絞ってふいてあげると、刺激が少なく乾燥しにくいです。